第2回 訪日教育旅行ホームステイ レポート


去る7月1日に協議会として2回目の民泊事業となる「訪日教育(修学)旅行生ホームステイ」のゲスト校である台湾の内土歴(ないれき:れきは土編に歴)国民中学校の生徒さん17名とご父兄の皆さんがやってきました。

今回ご協力いただいたご家庭は、手賀沼周辺の6家庭の皆さんです。今回は前回よりもちょっとだけ早い17時前に到着して、翌朝出発という1泊2日の滞在。滞在初日の宿泊となりました。

今回は修学旅行ではなく、吹奏楽の交流ということで、松戸市の中学校の交流と日本観光がメインの皆さん。子どもたちだけですが、民泊を体験していただきました。


2回目の受け入れとなる今回は、全6家庭のホストファミリーの方に受け入れのご協力をいただきました。

中学生とあってか、前回の高校生のようにスムーズなコミュニケーションが難しいところもあったようですが、それでも子どもたちは短い滞在時間の中で日本の家庭の雰囲気を味わうことができたようです。

異文化交流は、難しい中に楽しさを見つけられるという面白い側面がありそうですね。

 


第1回 訪日教育旅行ホームステイ レポート


去る5月21日に協議会として初めての民泊事業となる「訪日教育(修学)旅行生ホームステイ」のゲスト校である台湾の崇實高級工業高校の生徒さん32名がやってきました。

今回ご協力いただいたご家庭は、手賀沼周辺の10家庭の皆さんです。夕方に到着して、翌朝出発という1泊2日の本当に短い滞在でしたが、民泊も海外からの子ども達も初めてというご家庭がほとんどの中、言葉の壁を「翻訳アプリ」という文明の利器を使って乗り越え、大変ながらも皆さん楽しんでいただけたようでした。

事後アンケートでも、ほぼ全家庭で「次回も是非受け入れをしたい」とのご意見をいただきました。

初めて尽くしの初回の受け入れでしたが、2回目、3回目と回数を重ねていき、国内外を問わず、たくさんの皆さんに訪れていただけるよう、ご協力家庭の輪を広げていきたいと思います。

今回の受け入れの様子をダイジェストにいたしましたので、ご覧ください。

去る5月21日に協議会として初めての民泊事業となる「訪日教育(修学)旅行生ホームステイ」のゲスト校である台湾の崇實高級工業高校の生徒さん32名がやってきました。

今回ご協力いただいたご家庭は、手賀沼周辺の10家庭の皆さんです。夕方に到着して、翌朝出発という1泊2日の本当に短い滞在でしたが、民泊も海外からの子ども達も初めてというご家庭がほとんどの中、言葉の壁を「翻訳アプリ」という文明の利器を使って乗り越え、大変ながらも皆さん楽しんでいただけたようでした。

事後アンケートでも、ほぼ全家庭で「次回も是非受け入れをしたい」とのご意見をいただきました。

初めて尽くしの初回の受け入れでしたが、2回目、3回目と回数を重ねていき、国内外を問わず、たくさんの皆さんに訪れていただけるよう、ご協力家庭の輪を広げていきたいと思います。

今回の受け入れの様子をダイジェストにいたしましたので、ご覧ください。

*受け入れ式*

交通事情により、予定よりも遅れての到着でした。ホストファミリーとのマッチングタイムです。

事前割り当て名簿どおり生徒さんとの顔合わせで、お互いちょっと緊張気味でしたが、挨拶をして最初の記念撮影をすると、少し緊張が解けたようであちこちで笑い声がしていました。

 

*各家庭で*

受け入れ式終了が18:30頃になってしまったので、その後は一緒に夕食の食材買い出しなどへスーパーへ。直接各ご家庭に向かったところもあったようです。

夕食の準備を一緒にしてから食事です。生徒さん達は教育旅行ですので、いろいろとお手伝いすることも民泊の目的になっています。

筆談やアプリ、ジェスチャーや英語、あらゆる方法でコミュニケーションを取りながらのやり取りが、大変ながらも楽しさのひとつかもしれませんね。

*出発式*

翌朝9:00には出発です。あっという間の宿泊滞在でしたが、お別れのときにはすっかり打ち解けた様子でした。

受け入れ時の大雨もすっかり上がって、晴天の中無事に笑顔でお見送りできたことが何よりです。

生徒さん皆礼儀正しく良い子たちばかりだったそうで、ちょっとあわただしかったかもしれませんが、それぞれ楽しい一夜を過ごせたようです。

 

ご協力いただきましたご家庭の皆さま、ありがとうございました!次回も是非宜しくお願い致します!!


ご協力家庭募集中です!

手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会では、訪日教育旅行ホームステイ・民泊事業にご協力いただけるご家庭を募集しております。

将来的には日本の学生の受け入れも視野に入れながら、現在、台湾・マレーシアからの生徒さんの受け入れを中心に進めております。

ご興味のある方は、お気軽に事務局までお問い合わせください。

お問い合わせは、当ホームページの お問い合わせ よりお願い致します。