千葉県北西部に位置する手賀沼。

都心から最も近い天然湖沼で、豊かな自然環境が残されています。

そこに息づく生き物たち。その環境と共に歩んできた農という営み。そこで脈々と受け継がれる文化。

手賀沼のほとりを訪れると、たくさんの魅力と、それを支えている人々に出会えます。

手賀沼で紡がれるいくつもの物語。ぜひふれてみてください。

 

 

【vol.9 手賀沼の舟】

手賀沼の水面に出てみると、その広さと大きな空に驚きます。

ヨットに、カヌーに、遊覧船に。それぞれ見える景色と聞こえる音が違うのもまた楽しい。

手賀沼では、ヨットやカヌーの体験会を実施しています。

手賀沼の舟で水面に出てみませんか?


〜撮影スポット〜

NPO法人アルバトロスヨットクラブ / 柏カヌークラブ / 葦舟プロジェクト

道の駅しょうなん遊覧船 / 手賀沼の小池

 

 

【vol.8 手賀沼の祭・東葛印旛大師】

毎年5月1日〜5日で開催される巡礼行事。

四国のお遍路を模して八十八ヶ所の札所を設け、5日間で約80kmを巡ります。

農業のノウハウを教えあったり、結婚相手を紹介したり、集落同士の交流の場にもなっていたとのこと。

200年以上続く、手賀沼の伝統行事です。


〜撮影スポット〜

東葛印旛大師

 

 

【vol.7 手賀沼のアウトドア】

手賀沼の風と空を感じながら。

ランニングにサイクリングに、バーベキュー。

気軽にアウトドアライフを満喫できるのが手賀沼の魅力です。

天気の良い日には、ふらっと手賀沼に遊びにきてください。


〜撮影スポット〜

手賀沼自然ふれあい緑道 / Kingfisher Garden / 手賀沼周遊レンタサイクル

 

 

【vol.6 手賀沼の収穫体験】

手賀沼では年間を通じて様々な野菜が生産されています。

そら豆に枝豆、とうもろこし、落花生、さつまいも、大根。

こうした野菜を自分で収穫し、採れたてを味わえるのが「収穫体験」。

これまでの野菜とは概念が変わります。ぜひ味わってみてください。


〜撮影スポット〜

手賀の丘農業体験 農菜土

 

 

【vol.5 手賀沼の歴史】

古くから舟で栄えたとされる手賀沼。

利根川水系の舟運の要所として、人とモノ・情報が集まり、様々な文化が育まれてきました。

時代の流れや変化に敏感に反応してきた地域です。

そんなかつての手賀沼を感じることができる景観が今でもたくさん残っています。


〜撮影スポット〜

手賀囃子 / 染谷邸の長屋門 / 東葛印旛大師 / 旧手賀教会堂

 

 

【vol.4 手賀沼の桜】

水辺の桜。川沿いの桜。手賀沼を見下ろしての桜。ライトアップされた桜。

こんなにも様々な表情を持つ桜が、手賀沼で待っています。

道の駅しょうんなん周辺では2月から河津桜も楽しめます。

春の風と共に、桜色の手賀沼をお楽しみください。


〜撮影スポット〜

柏ふるさと公園 / 野菜レストランSHONAN / 今井の桜

Boulangerie Cafe PAISIBLE / Eagle137 / 手賀沼親水広場

 

 

【vol.3 手賀沼の祭・鳥備射】

手賀沼の泉地区・鷲野谷地区で300年以上続く祭事、鳥備射。

毎年2月にしんこ餅で作ったカラフルな鳥を飾り、五穀豊穣・無病息災を祈ります。

天災時に鳥を食べていたことから、鳥の供養として始められたとされています。

身近な鳥と共に生きてきた手賀沼ならではの文化です。


〜撮影スポット〜

鳥備射

 

 

【vol.2 手賀沼の鳥】

手賀沼の水辺には、1年を通して100種類以上の鳥が姿を現します。

特に越冬の場として貴重な環境で、冬は格好のバードウォッチングシーズン。

鳥の研究所や博物館、日本最大の鳥のフェスティバルもあり、鳥を満喫できる場所です。

人と鳥が共存する手賀沼、ぜひ訪れてみてください。


〜撮影スポット〜

鳥の博物館 / ジャパン・バード・フェスティバル / 鳥備射

 

 

【vol.1 手賀沼の苺】

手賀沼では、1月頃から旬のイチゴを味わうことができます。

イチゴ農家の直売所に、イチゴ狩りが楽しめる観光農園。

地元のイチゴを使って美味しいスイーツを提供するカフェやレストラン。

農業が盛んな手賀沼からの冬の贈り物。ぜひ楽しんでください。


〜撮影スポット〜

そのべ農園 / numa cafe / Eagle137

〜手賀沼のイチゴ直売所・摘取園〜

柏のイチゴMAP