千葉県北西部に位置する手賀沼。

都心から最も近い天然湖沼で、豊かな自然環境が残されています。

そこに息づく生き物たち。その環境と共に歩んできた農という営み。そこで脈々と受け継がれる文化。

手賀沼のほとりを訪れると、たくさんの魅力と、それを支えている人々に出会えます。

手賀沼で紡がれるいくつもの物語。ぜひふれてみてください。

 

 

【vol.21 手賀沼の文豪】

多くの文豪が愛した地、手賀沼。

その豊かな自然が文人・芸術家を惹きつけ、作品を生み出す力となりました。

今もなお漂う、文化の香り。

手賀沼に残る文豪たちの足跡を辿ってみてください。

 

〜撮影スポット〜

旧村川別荘 / 我孫子市白樺文学館 / 杉村楚人冠記念館

 

【vol.20 手賀沼の大根】

古くから農家の行商文化が根付いていた手賀沼では、年間を通して様々な野菜が作られています。

さらに道の駅ができたことで、消費者に直接届ける直売のスタイルが根付きました。

お客さんが食卓で喜ぶ姿をイメージし、様々な野菜にチャレンジする農家。

手賀沼は、直売所や収穫体験で、そんな農家に出会える場所です。

 

〜撮影スポット〜

農産物直売所 / 手賀沼の収穫体験

 

【vol.18 手賀沼のカフェ】

手賀沼には魅力的なカフェがたくさんあります。

地元の食材を活かしたスイーツ、田畑を見下ろすテラス、水面を眺められる窓際。

ずっと佇んでいたくなる居心地のよい場所。

静かに流れる手賀沼時間をお楽しみください。

 

〜撮影スポット〜

Stream Valley / 吉岡茶房 / numa cafe / Eagle 137

Boulangerie cafe paisible / Cafe Gapao / 手賀カフェ / NORTH LAKE CAFE & BOOKS

 

【vol.17 手賀沼の梨】

柏三大フルーツの一つ、梨。

8月の幸水から始まり、豊水・新高・あきづき・かおり・新興・王秋と、10月頃まで楽しめます。

手賀沼は、土壌も気候も栽培に適していると言われています。

瑞々しい手賀沼の梨、ぜひご堪能ください。

 

〜撮影スポット〜

すぎの梨園 / 柏市内の梨直売所

 

【vol.16 手賀沼の米】

米どころ手賀沼。

水害に見舞われながらも、干拓を繰り返し、受け継がれてきた田んぼ。

その田んぼで今年も新米ができあがります。

手賀沼の大地の恵みを、ぜひ食卓で。

 

〜撮影スポット〜

沼南ファーム / 稲刈り体験

 

【vol.15 手賀沼の空】

手賀大橋から見る朝日。水面から見上げる青空。

畑で感じる広い空。曙橋から望む夕日。

日の出から日の入りまで、手賀沼の空は様々な表情を見せます。

移りゆく空を見ながら、手賀沼の1日を満喫してください。

 

〜撮影スポット〜

手賀沼フィッシンセンター / 今井の桜 / 手賀沼花火大会

 

【vol.14 手賀沼のスポーツ】

ランニング、サイクリング、カヌー、ヨット。

手賀沼の豊かな自然の中でのスポーツは最高の時間です。

空の青さ。風の涼しさ。木々の香り。鳥の声。

自然と対話しながら、思う存分体を動かしてみてください。


〜撮影スポット〜

手賀沼エコマラソン / 手賀沼トライアスロン大会 / NPO法人アルバトロスヨットクラブ

柏カヌークラブ / 柏市サイクル協会  

 

【vol.13 手賀沼の祭・手賀囃子】

柏市指定文化財(無形文化財)の手賀囃子。

毎年7月第1日曜日に手賀地区で開催される祭礼「アンバ様」で奉納されるお囃子です。

少子化が進む手賀地区ですが、地域の歴史を守ろうと、

地域みんなで集まれる場所を作ろうと、大切に受け継がれています。


〜撮影スポット〜

手賀囃子

 

 

【vol.12 手賀沼の花火】

手賀沼の夏の風物詩、手賀沼花火大会。

夜空を彩り、市民を魅了してやまないその花火。

明治時代から受け継がれる手賀沼の職人の技によって、生み出されています。

一つ一つ、丁寧に作られた花火が、今年も夜空で花開きます。


〜撮影スポット〜

手賀沼花火大会 / 高城煙火店 

 

 

【vol.11 手賀沼の花】

水辺の花。畑の花。里山の花。

手賀沼を彩る四季の花々を紹介します。

緑道や農地、里山を守ろうとする人々の活動で生まれる景色です。

花の美しさと同時に、そうした活動の声も感じてみてください。


〜撮影スポット〜

手賀沼の小池・蓮見舟 / 一球会 / 手賀沼里山クラブ / 手賀沼ひまわりクラブ

 

 

【vol.10 手賀沼のブルーベリー】

柏の三大フルーツの一つ、ブルーベリー。

生で食べるのはもちろん、ジャムやソフトクリームでも大活躍。

約2週間ごとに採れる品種が入れ替わっていき、夏の間ずっと味わえます。

摘み採り体験もできるので、ぜひ畑に足を運んでみてください。


〜撮影スポット〜

グリーンファーム栗原

 

 

【vol.9 手賀沼の舟】

手賀沼の水面に出てみると、その広さと大きな空に驚きます。

ヨットに、カヌーに、遊覧船に。それぞれ見える景色と聞こえる音が違うのもまた楽しい。

手賀沼では、ヨットやカヌーの体験会を実施しています。

手賀沼の舟で水面に出てみませんか?


〜撮影スポット〜

NPO法人アルバトロスヨットクラブ / 柏カヌークラブ / 葦舟プロジェクト

道の駅しょうなん遊覧船 / 手賀沼の小池

 

 

【vol.8 手賀沼の祭・東葛印旛大師】

毎年5月1日〜5日で開催される巡礼行事。

四国のお遍路を模して八十八ヶ所の札所を設け、5日間で約80kmを巡ります。

農業のノウハウを教えあったり、結婚相手を紹介したり、集落同士の交流の場にもなっていたとのこと。

200年以上続く、手賀沼の伝統行事です。


〜撮影スポット〜

東葛印旛大師

 

 

【vol.7 手賀沼のアウトドア】

手賀沼の風と空を感じながら。

ランニングにサイクリングに、バーベキュー。

気軽にアウトドアライフを満喫できるのが手賀沼の魅力です。

天気の良い日には、ふらっと手賀沼に遊びにきてください。


〜撮影スポット〜

手賀沼自然ふれあい緑道 / Kingfisher Garden / 手賀沼周遊レンタサイクル

 

 

【vol.6 手賀沼の収穫体験】

手賀沼では年間を通じて様々な野菜が生産されています。

そら豆に枝豆、とうもろこし、落花生、さつまいも、大根。

こうした野菜を自分で収穫し、採れたてを味わえるのが「収穫体験」。

これまでの野菜とは概念が変わります。ぜひ味わってみてください。


〜撮影スポット〜

手賀の丘農業体験 農菜土

 

 

【vol.5 手賀沼の歴史】

古くから舟で栄えたとされる手賀沼。

利根川水系の舟運の要所として、人とモノ・情報が集まり、様々な文化が育まれてきました。

時代の流れや変化に敏感に反応してきた地域です。

そんなかつての手賀沼を感じることができる景観が今でもたくさん残っています。


〜撮影スポット〜

手賀囃子 / 染谷邸の長屋門 / 東葛印旛大師 / 旧手賀教会堂

 

 

【vol.4 手賀沼の桜】

水辺の桜。川沿いの桜。手賀沼を見下ろしての桜。ライトアップされた桜。

こんなにも様々な表情を持つ桜が、手賀沼で待っています。

道の駅しょうんなん周辺では2月から河津桜も楽しめます。

春の風と共に、桜色の手賀沼をお楽しみください。


〜撮影スポット〜

柏ふるさと公園 / 野菜レストランSHONAN / 今井の桜

Boulangerie Cafe PAISIBLE / Eagle137 / 手賀沼親水広場

 

 

【vol.3 手賀沼の祭・鳥備射】

手賀沼の泉地区・鷲野谷地区で300年以上続く祭事、鳥備射。

毎年2月にしんこ餅で作ったカラフルな鳥を飾り、五穀豊穣・無病息災を祈ります。

天災時に鳥を食べていたことから、鳥の供養として始められたとされています。

身近な鳥と共に生きてきた手賀沼ならではの文化です。


〜撮影スポット〜

鳥備射

 

 

【vol.2 手賀沼の鳥】

手賀沼の水辺には、1年を通して100種類以上の鳥が姿を現します。

特に越冬の場として貴重な環境で、冬は格好のバードウォッチングシーズン。

鳥の研究所や博物館、日本最大の鳥のフェスティバルもあり、鳥を満喫できる場所です。

人と鳥が共存する手賀沼、ぜひ訪れてみてください。


〜撮影スポット〜

鳥の博物館 / ジャパン・バード・フェスティバル / 鳥備射

 

 

【vol.1 手賀沼の苺】

手賀沼では、1月頃から旬のイチゴを味わうことができます。

イチゴ農家の直売所に、イチゴ狩りが楽しめる観光農園。

地元のイチゴを使って美味しいスイーツを提供するカフェやレストラン。

農業が盛んな手賀沼からの冬の贈り物。ぜひ楽しんでください。


〜撮影スポット〜

そのべ農園 / numa cafe / Eagle137

〜手賀沼のイチゴ直売所・摘取園〜

柏のイチゴMAP